快適な個人輸入を行なうために

日本の薬局やドラッグストアなどで売られている一般医薬品や、医療機関で処方される医療用医薬品は、どれも全て厚生省による認可、つまり国内で製造販売しても良いと承認された品のみです。
厚生省の承認を受けるには、何段階にも亘って厳しい審査を受けなければなりません。
厚生省だけでなく、学識経験者や中央薬事審議会も、この審査に加わります。
さまざまな調査が行なわれ、有効性はもちろん、重篤な副作用などが現れることはないかも厳しく審査されます。
また、既に承認、認可を受けた薬の中によく似た薬はないか、それよりも優れた効き目を発揮できるのかどうかも評価のポイントのひとつです。
もちろん臨床試験も行なわれます。
実際にヒトにその薬品を使用して、安全性や有効性などを確認するのです。
その薬が有効とされる病を患っている患者さんに、治療を兼ねて行なわれる場合もあります。
それら全てをクリアして、有効で安全であると確認されたものだけが、医薬品として製造販売されることになります。
それには長い年月が必要です。

審査と調査が開始されてから、数年はかかると言われています。
迅速化も進められているようですが、なかなか欧米並みの時間短縮は行なえていないのが実情だと言えるでしょう。
その審査待ちの医薬品の中には、大変優れた効果を持つものも含まれています。
自分が求めている効果を持つ製品ならば、試してみたいと思うのは当然です。
全く誰も使ったことがないというなら不安もありますが、欧米諸国で大人気となっているのでしたら、抵抗もさほど感じないのではないでしょうか。
日本で未認可だとしても、個人輸入などを利用して、自分の責任において使用する分には、法的に何の問題もありません。
代行サービスを行なっているベストケンコーなどの業者を挟むと、よりスムーズに行なえます。
一度に購入する量などには制限がありますが、購入することも、服用あるいは塗布することも、自己責任でOKです。
ただし、友人などに分けたり、ましてや売ったりすると罰せられますので注意しましょう。
あくまでも、自分が使う品だけを買うようにして下さい。

それだけを守れば、医薬品の個人輸入はとても利便性が高いと言えます。
日本ではまだ売られていない薬を購入できることは、メリットのひとつに過ぎません。
厚生省の認可を受けていても、医療用医薬品であるために処方箋がないと購入できない薬も、個人輸入なら手に入れることができるのです。
例えば、ダイエット用の薬や、メンタル面に効果がある薬、避妊用のピル、育毛剤などがそれに当てはまります。
医療機関を受診して、処方箋を書いてもらい、調剤薬局でようやく手にすることが出来る薬です。
これらを手軽に購入できるというのが、個人輸入の醍醐味です。
処方箋も必要ありません。

まとめ

これから代行サービスを行なっている業者を探すと言うなら、ベストケンコーが使いやすいと思います。
取り扱っている医薬品も豊富ですし、通関などの面倒な手続きは全てお任せできる上に、送料も手数料も無料です。
快適に個人輸入を楽しむことができるでしょう。

This entry was posted on . Bookmark the permalink.