ベストケンコーの評判

年間の医療費が10万円以上になると、医療費控除を受けることができます。
病院での診察以外にも、インフルエンザの予防接種やドラッグストア等で購入した医薬品も対象となっていますが、ギリギリ10万円には届かないと言ったことも少なくありません。
そういうときはジェネリックを利用してみるのも良いでしょう。
先発医薬品の2分の1とか3分の1、薬によっては10分の1の薬価となっている物もあります。
特定の薬をいつも飲み続けている人等は、ジェネリックを利用する事で医療費の大幅節約にもつながります。
しかし海外では認可されていても日本ではまだ未認可の薬は少なくありません。
安全性は確立されていても、まだ日本の病院で処方してもらえるのは数年後と言われている物もあります。

しかし、経済的な事を考えるとジェネリックを利用したいと思う人もいるでしょう。
そういうときは海外医薬品の個人輸入を利用してみてはいかがでしょうか。
例えばベストケンコーであれば、送料が無料で薬を届けてくれます。
税抜5000円以上の購入で送料無料と言った条件などもないので、本当に必要な薬を必要な量手に入れることも可能です。
例えば今まで産婦人科でピルを処方してもらっていた人は、同じ薬を探してみるのも良いでしょう。
またそのジェネリックを見つければ、今までよりも医療費を安くする事ができます。
ただ、海外医薬品の個人輸入をしたことがない人は、病院で処方される薬と同じ成分の物を自己判断で使ってしまっても良いのか不安に思う事もあるはずです。
そういう人は、いくつかのルールを決めて薬を服用してみてはいかがでしょうか。
まず一つは用量・用法をしっかりと守るという事です。
海外医薬品は自己責任で服用する必要があります。
だから飲みすぎ等には注意して、錠剤が大きな時はピルカッターを使って小さくしてから飲みましょう。

余った薬を放置しておくのは良くないので、専用ケースに入れて早めに飲みましょう。
もう一つは何かあった時はすぐに病院に相談する事です。
体調によっては薬を服用する事でいつもと違う症状が出てしまう事もあり得ます。
だから何かあった時はすぐに服用をやめ、病院で見てもらいましょう。

そうすれば状態を悪化させることなく安全に医薬品を使う事ができます。
後は、飲む薬の事をよく理解するという事です。
医師や薬剤師に説明を受けることができないので、自分で薬の特徴・副作用等を知る必要があります。

ベストケンコーであれば薬のパッケージは英語表記となっていますが、日本語の説明書を添付してくれます。
だから自分が飲む薬はどういう薬なのかをよく理解した上での服用が可能です。

This entry was posted on . Bookmark the permalink.